Perfect Look

膣の緩みが気になる!膣縮小ってどんな治療?


膣の悩みは緩みが原因?

膣の緩み気になりませんか?膣は出産や加齢によって緩んでしまうことがあります。膣が緩むとセックスに不満が出てきたり、パートナーも不満に思っているんじゃないかと心配な方もいるかも知れません。そんな悩みを解消する治療法があることはご存知ですか?今回は膣の悩みを解消する膣縮小についてお伝えします。

膣縮小ってどんな治療?

膣縮小とは、出産や加齢により緩んだ膣の緩みを解消する治療のことをいいます。膣縮小の治療法には超音波やレーザー、ヒアルロン酸注入、手術など様々な方法があります。

超音波とレーザーによる治療

超音波による治療はウルトラヴェラと呼ばれ、HIFUを使用します。レーザーによる治療はE r:YAGレーザー(インティマレーザー)を使用します。この2つの治療法は切開したり、縫ったりすることがないので痛みも少なく、ダウンタイムも短いのが特徴です。この治療では性交痛の改善、尿漏れの改善にも効果があります。だいたい1年ほど効果が持続するようです。尿漏れや性交痛に悩む方におすすめの治療法です。

ヒアルロン酸注入による治療

ヒアルロン酸注入による治療法は膣内にヒアルロン酸を注入して膣の内側を膨らませる治療法です。局所麻酔を使用することにより痛みも少なく、10~20分と短時間で施術も終了します。ヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されていくので、効果は6ヶ月~1年ほど持続します。手軽に治療したい方におすすめの治療法です。

手術による膣縮小治療

手術による治療は会陰部を切除したり、膣粘膜を縫合することにより膣を縮小します。ダウンタイムは1ヶ月ほどと他の治療法に比べて長いですが、半永久的に膣の緩みを改善することが出来ます。一度の治療で済ませたい方におすすめの治療法です。

膣縮小は、中高年層の女性にとって、年齢の経過や慢性的な運動不足、出産など様々な原因で緩んでしまった膣を引き締めるために画期的な方法として位置づけられています。