Perfect Look

豊胸手術もいろいろある!種類を知って納得の施術を受けよう


豊胸手術の種類を知ろう

豊胸手術は、大きく3種類にわけることができます。この施術ではだれもがイメージする胸にバッグを入れる方法、自分の脂肪を胸に入れる方法、ヒアルロン酸注入の3種類です。胸にバッグを入れる方法は、バッグを入れる際に体にメスを入れる必要がありますが、希望するサイズアップが可能です。自分の脂肪を注入する方法は、お腹やお尻など、不要な脂肪を胸に入れます。自分の脂肪を使うので、拒絶反応がなく、不要な脂肪を取り除くこともできるので、理想のスタイル作りもできます。ヒアルロン酸注入は、胸にヒアルロン酸を入れる方法です。上記で紹介した2種類の方法と比較して、体への負担が少ない施術方法です。

その他のメリットデメリットを知ろう

胸にバッグを入れる方法は、大きな胸にしたい人に最適な方法です。ヒアルロン酸注入や脂肪注入では、1~2カップ程度のサイズアップしか期待できません。しかし、バッグを入れる方法では、希望するサイズアップができます。しずく型やおわん型など、胸の形も選ぶことができます。現在ではバッグを入れる方法は安全性が高まっていますが、それでも体に異物を入れることに不安を感じる人は多いです。脂肪注入では、脂肪から幹細胞を抽出してから注入する幹細胞豊胸術が人気です。

自分の脂肪だけを注入する方法では、脂肪が定着しにくいですし、しこりにもなりやすいと言われています。しかし、この幹細胞豊胸術では定着率が高く、しこりにもなりにくく安全性が高いです。ヒアルロン酸注入は、持続効果は長くても数年ですが、手軽にバストアップができると人気があります。このように、それぞれの施術でメリット・デメリットがあるので、自分に合った施術を選びましょう。

豊胸手術というのは、外観上の美容を目的に行う乳房を大きくする手術のことです。その手術方法にはさまざまなものがありますが、現在行われている手術のほとんどが「人工乳腺法」によるものです。